外来植物の駆除活動を始めました(キショウブ)

キショウブの駆除
先日オオモクゲンジの紹介の際に触れましたが、多摩森林科学園では侵略的外来植物の駆除活動を始めました。手始めとして9月18日に、もりのかんり室前の湿地で猛威を振るうキショウブの除去作業を行いました。
キショウブはヨーロッパ原産の外来種で、 続きを読む 外来植物の駆除活動を始めました(キショウブ)

ツリフネソウの花のつくり

ツリフネソウ
多摩森林科学園内の道には、名前がつけられています。柳沢林道、昭和林道、遠見通り・・・。その一つに釣舟草通りがあります。ツリフネソウ(ツリフネソウ科)の群落があるところから名づけられました。園内のツリフネソウが咲きだしました。がく片は3個ありますが、 続きを読む ツリフネソウの花のつくり

サイエンスキャンプ「フォレスターに挑戦」を実施しました

サイエンスキャンプ3
多摩森林科学園では、森林や林業に関する研究成果の普及・広報活動の一環として、高校生のための体験活動であるサマーサイエンスキャンプ(科学技術振興機構主催)に2006年から毎年協力しています。2012年8月22~24日(2泊3日)の日程で、静岡県や和歌山県など10都府県から高校生20名(男子6名、女子14名)が集まりました。今年のテーマは「フォレスターに挑戦!」です。 続きを読む サイエンスキャンプ「フォレスターに挑戦」を実施しました