センニンソウ

日本全国の林縁や川岸の荒地などに多いキンポウゲ科のつる性多年草。羽状複葉で,8~9月,葉腋から円錐花序を出し,白色の花を多数上向きに付ける。十字の花弁のように見えるものはがく片である。秋に羽毛状に伸びた花柱が仙人の髭のように見えるためこの名がある。クレマチスの仲間であり,北米ではsweet autumn clematisやJapanese clematisと呼ばれ人気があり垣根などに栽植されているが,近年それらが野生化していわゆる外来種問題となっている。昨年9月上旬に訪れたワシントンDCのポトマック川河畔にも咲いていた。(や)