サクラがもっと好きになる


林野庁の情報誌「林野−RINYA−」3月号の特集は「サクラがもっと好きになる」です。
「サクラは日本人に最も愛される木であることは疑いないでしょう。神代の頃よりサクラは日本の文化や精神を支えるものでした。現代でも、100円玉をはじめ、着物、ロゴマークなど身近なものに取り入れられています。また、季節限定スイーツとして、さくら餡のたい焼きやさくら風味のスナック菓子、そして、さくら味のドリンクもあります」(特集の前書きより)。
特集(5ページ)の内容は、「サクラの種類」「香るサクラ」「牧野富太郎と桜」「サクラを襲う外来カミキリムシ」「サクラの病気」など。本稿は、森林総合研究所本所と多摩森林科学園の研究員の執筆によるものです。

「林野−RINYA−」3月号はこちらのページから、ご覧いただくことができます。