特集:サクラの科学最前線 −「季刊森林総研」32号−

サクラ最前線
いよいよサクラの季節が近づいてきました。先日発行された「季刊森林総研」の特集は、「サクラの科学最前線」です。内容や執筆者は以下のとおり。各項2ページの簡潔な内容です。どうぞお楽しみください。
1特集にあたって(PDF493KB):河原孝行
2サクラを創ってきた歴史を紐解く(PDF642KB):吉丸博志
3サクラ栽培品種の系譜をさぐる(PDF617KB):勝木俊雄
4DNAから見たサクラの栽培品種(PDF678KB):加藤珠理・松本麻子
5はるかを増やす(PDF665KB):勝木俊雄・丸山毅
6サクラと病気(PDF659KB):長谷川絵里
7サクラは温暖化で早く咲くのか?(PDF661KB):岩本宏二郎・勝木俊雄

季刊森林総研32号を丸ごと読みたい方はこちらからダウンロードください。

ーーーお知らせーーー
・今年のサクラ保存林開花情報を開始しています。今年の春は「知ると楽しい北海道の桜」をテーマに特別展を行います。
・多摩森林科学園発行の「サクラ保存林ガイドブック」には主要300系統の情報が配置図付きで詳しく収録されています。