半分になったツバキの蕾

椿の蕾ムササビ
園内のツバキの下に,半分になった蕾(写真左)が枝付きで落ちていることがあります。
これはムササビが食べ残して捨てたものです。ムササビは,植物の葉,芽,花などいろいろな部分を食べますが,冬にはツバキの蕾もよく食べます。枝を折るのではなく,切り離してから食べるので,切り口がきれいな断面を見せています(写真中)。
落ちている蕾は,雄しべなどは半分残っていますが,食べられていない蕾(写真右上)を切って比較してみると,どれも子房(矢印)がありません(写真右下)。ここは将来種子になる部分なので,栄養価が高いにちがいありません。全部食べずに捨てていても,肝心の部分は食べていることが判りました。
第2樹木園,上の道の標識柱17〜18の間にあるツバキの個体は,とくにムササビに好かれているようで,この樹の下には毎年食べ痕が落ちています。(し)