ホオジロより多いミヤマホオジロ

ミヤマホオジロ

毎年12月頃にミヤマホオジロを見かけるようになると、この冬もまた戻ってきたなと安心します。写真の個体のように、雄は頭頂と顔、胸が黒く、眉斑と喉の黄色が目立ちます。10羽くらいの群れになって、地面の近くをちょろちょろと移動しています。1,2羽がいるのに気づいて、じっと立ち止まって見ていると、そのあとから1羽、また1羽と後を追うように移動していくのがわかります。人がいることに気付いておどろくと,木の枝に飛び上がり、梢から梢へと移動して人のいる場所からどんどん離れていきます。写真を撮るのは、この地面から飛び上がって梢にとまっている時がチャンスかもしれません。
園内では、釣舟草通りの沢や、柳沢の八重左近の桜があるあたりでよく見るような気がしますが、あちこち広く歩いてみると結構いろんな場所で見かけます。
ホオジロはたまにしか見かけませんが、冬はミヤマホオジロのほうがよほど多いようです。
ところで、昨日の記事で紹介したフクロウは、翌日は昭和林道の中間トイレの近くの木にいたのが目撃されています。明るい時間帯にあちこちうろうろするのが好きな個体のようです。(よ)