多摩森林科学園周辺おすすめ散策・ハイキングガイド(1)一般向け1時間コース

短時間0

多摩森林科学園を見学したい。でもそれだけではちょっと歩き足りないかも。そんな健脚なあなたのために。
多摩森林科学園を見学したい。覚えた草木をほかの場所でも探してみたい。そんな探求心旺盛なあなたのために。
多摩森林科学園を見学したい。でも自然だけでなく周辺の歴史も感じてみたい。そんな欲張りなあなたのために。
多摩森林科学園の見学と併せて日帰りで楽しめる散策コースを、数回にわたって紹介します。

第1回:一般向け1時間コース「多摩御陵(武蔵陵墓地):樹齢80年超の甲州街道のイチョウ並木」

甲州街道には、高尾駅前から西八王子の追分交差点付近まで、約4.2kmにわたるイチョウ並木があります。多摩御陵の造営を記念して1929年に植えられたもので、毎年11月にはイチョウ祭りが行われ、露店なども楽しめます。
高尾駅北口からイチョウ並木を東にたどると、ほどなく「多摩御陵入口」の交差点に着きます。左折すれば都道で、ここから御陵の前まではケヤキ並木が続きますが、落葉期には交差点から数えて2本目のケヤキにヤドリギが寄生しているのがよく目立ちます。交差点の南側は、大正天皇の御大葬に際して造られ、その後も皇族方の多摩御陵参拝に利用された「東浅川駅(宮廷駅)」があった場所です。
ケヤキ並木の下を5分足らずで南浅川にかかります。左手の川の上流方向に見える住宅地の奥が多摩森林科学園です。そのまま、まっすぐに進めば御陵ですが、南浅川橋を渡ったところを左に下り、川の流れを左手にして陵南公園のサクラ並木の下をくぐり抜けて、公園の西側の坂道と階段を上っても御陵の前に出ることができます。

短時間1

総門から陵墓まではモミの大木が並ぶ参道を500mほどです。お参りした後は、正門を出てすぐに右に曲がり、「高尾駅950m」を示す道標に従って、御陵の柵沿いに南側の宅地内を進めば10分ほどで高尾街道(新道)の「陵南大橋」の下に出ます。

短時間2

橋の手前を上ればすぐに「多摩森林科学園前」の交差点です(橋をくぐってから上っても大丈夫)。信号を科学園側に渡り、振り返って見る御陵の森林の紅葉も美しいです。晩秋から初冬の晴れた日の散策にぴったり。

短時間3

おすすめコース

高尾駅北口→0:20甲州街道・多摩御陵入口交差点→0:05陵南公園→0:10御陵参拝→0:15多摩森林科学園見学

所要時間は、1人から数人程度の小グループでの歩行を想定した場合の目安で、休憩や見学に要する時間を含みません。本コースは基本的に舗装路で起伏はあまりありませんが、無理のない計画を立てて楽しい散策を。(た)