クワの木に糸のような綿毛?

クワキジラミ

園内には野生のヤマグワがたくさんありますが,このごろ若い枝や葉に白い糸のようなものが着いているのを見かけます(右写真)。カビのようでもありますが,触ると動くこともあります。動くものは,よく見ると虫から生えていることがわかります。この虫の名前はクワキジラミ(Anomoneura mori;カメムシ目キジラミ科)といいます。クワの害虫として知られ,葉が奇形になったり(蚕の)餌としての質を低下させますが,ヤマグワにとっては致命的ではありません。
 この糸状の物質は虫が作り出した蝋(ロウ)で出来ていて,自分自身の体と周囲にこの糸を着けて,どこが虫体だかわからなくして身を守っています。糸で身を隠すのは幼虫(左写真)で,成虫(右写真)になると糸は出さず,その代わり翅をもっているので飛ぶことが出来ます。クワキジラミは,セミと同様ストロー状の口で木の汁(師管液)を吸って餌にします。栄養の薄い師管液から必要量のアミノ酸を確保するため,大量の師管液を吸飲しなければなりませんが,すると糖分は過剰になってしまいます。そこで余った糖分をロウに作り替えて,身を隠す材料として利用しているのです。(し)