関山、代表的な八重咲きのサクラ

関山

花弁の内側まで濃い紅紫色のサクラです。花弁数は20-50枚、関東では最もよく見かける代表的な八重咲きのサクラと言えるでしょう。‘関山’(かんざん)です。名前は江戸時代後期から記録がありますが、現在栽培されているものは、明治期の荒川堤から広まったものです。開花時の若葉は紫褐色で、木全体が赤く見えます。(よ)