「スミレ」という名のスミレ、濃い紫色

スミレ
4月初め頃にはエイザンスミレが咲き、続いてナガバノスミレサイシンが咲いていました。

同じ頃にニオイタチツボスミレも咲いていたようです。最も多いタチツボスミレは、4月初めから現在まで長い期間にわたって花が見られています。
さて、いまは濃い紫色でくっきりとした印象のスミレ(写真)の開花期です。「スミレ」という名前のスミレです。花の中をよく見ると、側弁(側方の花びら)の基部に白い毛がもじゃもじゃしているのが見られます(右写真)。葉の形はへら形で、葉柄には翼があります。
スミレ類には地上茎があるものとないものがあり、見分ける際の重要なポイントです。エイザンスミレ、ナガバノスミレサイシン、スミレは地上茎がなく、葉柄や花柄は地際から直接伸びています。タチツボスミレやニオイタチツボスミレには地上茎があり、茎が枝分かれしたところから、葉柄や花柄が伸びています。
多摩森林科学園からは5種のヒョウモンチョウ類が記録されていますが、スミレ類はこれらのチョウの食草や、各種の昆虫の吸蜜源としても重要な役割を果たしています。(よ)