涼やかなオオバギボウシの花

オオバギボウシ
オオバギボウシは、高さ60センチから1メートルくらいの花茎をすくっと伸ばして、白〜淡紫色の花を多数つけます。
山地の草地や林内などに生える多年草で、分布は北海道から九州まで。多摩森林科学園の中では、サクラ保存林の彼岸通りの一部などでところどころに見られます。ヤマユリと並んで、この時期に見られる草本の中では特に背が高く、目立つ花です。
ギボウシ属は以前はユリ科に分類されていましたが、APG III分類体系ではジャノヒゲ属、スズラン属、アマドコロ属、ツルボ属などとともにキジカクシ科に分類され、ユリ科よりもラン科に近いと推定されています。(よ)