サカキの花

サカキの花サカキの花が咲いています。サカキは園内には何本もありますが,あまり見ることがないのではないでしょうか?関東では,神棚に供える“榊”というとヒサカキを使うことが多く,スーパーで“榊”として売られているものもヒサカキが多いのですが,時々サカキが入荷することがあり,サカキの方は“本榊”という名で売られています。多分,野外で生えているのもサカキよりもヒサカキが多いからでしょう。
ヒサカキは葉が少し小さめで鋸歯があるのに対し,サカキの葉は全縁です。サカキの花は初夏に咲いて割合目立ちますが,ヒサカキの花はサカキよりずっと小さく,早春に咲き,ハエに送粉してもらうため,ハエの好むアンモニアを含む匂いを出します。サカキの花には,見ている間に送粉者らしい虫は来ませんでしたので,誰が送粉者になっているのか判りません。(し)