鬱金と御衣黄、黄緑色のサクラ

御衣黄鬱金
‘鬱金’(左写真)(うこん)は、花が黄色で八重咲きの栽培品種です。名前は、花弁の色がショウガ科のウコン(ターメリック)の色に似ていることに由来します。「鬱金」という名前は江戸中期から記録がありますが、「黄桜」「黄金桜」「浅黄桜」などの名前も記録され、同じ栽培品種に分類されると思われます。御衣黄とよく似ていますが、花弁に濃い緑色部がないことから区別されます。
‘御衣黄’(右写真)(ぎょいこう)は、花は八重咲きで、濃い緑色と淡い黄色が混じる花弁をもつ栽培品種です。江戸中期から名前の記録があります。
‘鬱金’と‘御衣黄’は、多くの遺伝子を調べてもなかなか違いが見つかりませんでした。これは、片方が枝変わりによって生じ、そのため色などを左右する1、2個の遺伝子以外は全て同じなのだと推定されます。実際、‘御衣黄’の個体に‘鬱金’のような花の枝が出ることがあります。(よ)